下肢静脈瘤の症状と原因|足のボコボコ、血管、むくみやだるさを改善しましょう

MENU

下肢静脈瘤の症状

ふくらはぎの血管がボコボコ浮き出ている。
色素沈着や皮膚の変色が見られる。

 

足がそんな様子になっていれば、下肢静脈瘤が疑われます。
血管が太く浮き出ているのが下肢静脈瘤ですが、静脈瘤の形状によって4つのタイプに分けられます。

 

伏在静脈瘤(ふくざいじょうみゃくりゅう)

最も太く拡張した状態で、一番よくみられる症状がこのタイプです。


 

側枝静脈瘤(そくしじょうみゃくりゅう)

伏在静脈瘤の枝部分が盛り上がった状態です。伏在静脈瘤よりも細い静脈瘤です。


 

網目状静脈瘤

静脈が拡張し、青い網目状に広がった状態です。2〜3ミリと細い静脈が特徴です。


 

クモの巣状静脈瘤

最も細い静脈瘤で、蜘蛛の巣のように細かく広がった状態です。

 


 

足が乾燥したり、皮膚がボロボロになって出血しやすくなるケースもあります。

 

下肢静脈瘤は、その部分を触ると痛みがあるだけで、普段は何も感じない、という人もいます。

 

しかし、普通は外見上の問題だけでなく、自覚症状を伴います。血流が滞ることで起きる疾患なので、普段から足のだるさやむくみを感じたり、足がつりやすかったり、重みや痛みを伴うことが特徴です。ひどい場合は、日常生活に支障をきたすケースもあります。

 

下肢静脈瘤は女性に多く、色素沈着や潰瘍を生じる場合もあるので、人前で足を出せない・・など美容的な悩みの原因にもなることも。自然に治ることはないので、気になるなら専門医に相談しましょう。

下肢静脈瘤の原因

下肢静脈瘤の原因は、血管に血液が滞ることによるもの。足の血液は心臓から送られた後、静脈を通ってまた心臓に戻ります。

 

血液にはがあり血液が一方方向に流れるような仕組みになっていますが、この弁が壊れてしまうと血液が逆流し、下肢に血液が溜まるようになります。そのため、静脈は腫れて静脈瘤ができるというわけです。

 

下肢静脈瘤ができやすい人はこんなタイプの人です。

 

長時間の立ち仕事が多い人

立っている姿勢が長いと、重力で血液は足にたまりやすくなります。夕方になると足がむくむ、という人は多いのではないでしょうか。

 

足を動かすことが少ない人

長時間座っている姿勢が多いデスクワークの人も、足に血液が滞りやすいといいます。

 

妊娠・出産した人

妊娠や出産がきっかけで下肢静脈瘤ができる人も多いです。妊娠中のホルモンの関係で、下肢に流れる血の量が増えることがあります。その時に静脈の弁が壊れ下肢静脈瘤になるというわけです。

 

他にも、遺伝によりもともと弁が弱い人や、血液中の脂質やコレステロール、中性脂肪値が高くなると血管に負担がかかり、静脈瘤を引き起こすこともあります。

 

また加齢によって弁が弱くなる、歩くことが減る、なども挙げられます。

 

何科を受診すれば良い?

  • 太ももの裏に太い血管がボコボコ浮き上がってきた。
  • 足首に青い血管が透けて見える。
  • 痛くないから放っているけど、なんだか足がだるい・・・。

 

そんな症状は、下肢静脈瘤を疑ってみましょう。下肢静脈瘤は特に女性に多く、下肢に血液が滞ることによっておきる病気です。

 

人によって自覚症状が異なり、全く何も感じない人もいれば、むくんだり痛みを伴う場合もあります。ただ、放置していると悪化することはあっても、治ることはないので、早めの治療が必須です。

 

とくに見た目も気になりますから、一人で悩んでないですぐ専門医に相談したいですね。静脈瘤が進行すると、潰瘍になってますますひどくなってしまいます。

 

「でもどこに行けばいいの?」

 

下肢静脈瘤の治療をしたい、と思っても、どこに行っていいかわからない、という人は多いようです。

 

下肢静脈瘤の診察は、血管外科へ行きましょう。

 

血管外科とは、動脈や静脈を扱い、動脈硬化や心臓血管など扱う病気や分野も多いようです。
できれば下肢静脈瘤を専門に行っていて、実績のある医療機関を選びたいものです。

 

最近はレーザー治療が保険適用になったり、日帰り手術が可能になったりと、昔に比べると気軽に行けるようになりました。

 

早めの治療が改善のカギですよ。

検査はどのようにするの? 

気になる下肢静脈瘤の検査は、一体どんなことをするのでしょうか?
医療機関にもよりますが、検査の種類を紹介します。

 

超音波ドップラー法

超音波によって、血液の逆流などの原因になっている静脈を特定したり、静脈に閉塞等がないかを調べます。

 

空気脈波検査

下肢を上げ下げして、下腿の変化を見ます。下肢全体の静脈の逆流、静脈の閉塞、下腿筋のポンプ機能などが測定できます。

 

ABIフォルム

ABIフォルムは主に動脈硬化を調べる検査ですが、動脈疾患も併存していないかを調べることができます。血圧、下肢動脈の狭窄、閉塞の有無や、動脈硬化の状態もチェックします。

 

超音波エコー検査

最も一般的な検査とされています。外来で簡単にできる検査です。また、下肢静脈瘤ができる表面の静脈だけでなく、深部の静脈の逆流や血栓などの異常も調べることができます。

 

三次元CTスキャン撮影法(3DCT)

下肢の静脈を立体的に撮影します。手術を決める上で非常に有益な検査とされています。

 

生体電気インピーダンス法

むくみの症状がある場合は、この検査を行います。生体電気インピーダンス法とは体重計の体組成計に使われている技術と同じもので、体脂肪率や筋肉量を測定します。


下肢静脈瘤の手術はどんな方法がある?

下肢静脈瘤の治療には、弾性ストッキングや薬など症状を抑えるものもありますが、根本的に治したいならやはり手術しかありません。

 

下肢静脈瘤の手術の種類を紹介します。

 

ストリッピング手術(静脈抜去手術)

足の付け根と膝の裏側2箇所を切り、血管の中に細いワイヤーを入れ弁の問題がある静脈をワイヤーごと引き抜く方法です。麻酔を使うので手術中は痛みを感じませんが、術後は痛みや出血の可能性もあります。再発する可能性が最も低く確実に治る方法です。

 

高位結紮術(こういけっさつじゅつ)

血管を抜き取るストリッピング手術と異なり、血管をしばる手術です。足の付け根を切り、問題の弁がある血管をしばって血液が逆流しないようにします。
再発率が高めなのがデメリットで、薬を用いる硬化療法と併用して行われるようです。

 

血管内高周波・レーザー治療

問題の血管に光ファイバーを通し、中から熱で焼く方法です。焼いた血管は縮んで塞がり、半年ほどで消滅します。切開を行わないため体への負担も少なく、痛みや出血も少なくて済みます。また、傷跡も目立ちません。短時間で終わるので入院する必要がないのも特徴です。高周波(ラジオ)で焼く方法と、レーザーで焼く方法があります。
※2011年から保険適応になりました。

 

スタブ・アバルジョン法

特殊な器械を使い、1〜3ミリ程小さく切り静脈瘤を切除します。傷が小さいため縫うこともなく、痕が残りにくいのもメリットです。血管内高周波・レーザー治療と組み合わせて使われることもあります。

 


下肢静脈瘤の名医は?

下肢静脈瘤の診察は一体どこで見てもらえるの?と迷う人は多いようです。

 

病院では、血管外科の診療になります。

 

しかし、血管外科と一言に言っても、動脈硬化や心臓外科などその担当分野は多岐にわたるもの。下肢静脈瘤を診てもらうなら、実績があり専門に扱っている医療機関がおすすめです。また、保険適応になるレーザー治療ができる医院を探したいところ。

 

湘南メディカルクリニックは血管外科専門のクリニックで、下肢静脈瘤のレーザー治療を専門としています。

 


血管ボコボコ!足のお悩みは湘南メディカルクリニック

 

院長の阿部医師は20年以上の下肢静脈瘤のプロフェッショナルです。国立金沢病院血管病センター静脈病科の設・勤務の後、現在は湘南メディカルクリニックにて多くの患者さんの治療に携わっています。

 

最少切開法(スタブアバルジョン法)では日本の先駆者と言われ、現在は新しい技術であるレーザー治療で、メスを使わない手術を行っています。

 

湘南メディカルクリニックは新宿と横浜、大阪の3箇所にあります。切らない治療をモットーに、入院不要、短時間で歩いて帰れる手術を行っています。

 

「他院で大丈夫と言われ放置していた」「他院での手術が痛かった」という方も、湘南メディカルクリニックの治療を受け満足しています。レーザー治療者の満足度はなんと97%だとか。下肢静脈瘤の知識と実績が豊富なドクターがいるので、安心して相談できます。

 

下肢静脈瘤は早期治療が肝心です。悩む前にぜひ一度湘南メディカルクリニックに足を運んでみてください。

 

湘南メディカルクリニック公式サイト

レーザー治療のメリット

下肢静脈瘤のレーザー治療は、2011年より保険適応になりました。メスを入れない比較的新しい治療法です。

 

メリットとしては

治療時間が短い

手術の時間は30分前後で終了します。切る手術であるストリッピング手術は2時間ほど要します。病院にもよりますが、レーザー治療では入院がいらないことがほとんどです。手術が終われば歩いて帰れるため、仕事にも支障がありません。

 

傷跡がほとんど残らない

切らずに光ファイバーを静脈に通すため、傷は針穴の1箇所だけでほとんど目立ちません。ストリッピング手術は足の付け根とひざの2箇所を1〜3センチほど切開するので、傷跡は残ります。

 

痛みがなく、リスクも少ない

従来のストリッピング手術は血管を引き抜くので、引き抜いた部分の皮下出血、神経障害等合併症のリスクも大きいものでした。レーザー治療は切らずに細いファイバーを通して血管内で治療するため、痛みはほとんどありません。麻酔も局所麻酔のみです。

 

体への負担が軽いのが、レーザー治療の特徴です。
保険適応で経済的負担が軽い

これまではレーザー治療は実費診療でしたが、現在は保険適応になりました。手術費用のみなら3割負担で5万円前後が相場でしょう。

 

切らない、痛くない! 湘南メディカルクリニック公式サイト

 

 

 

 

更新履歴